ゴルフの怪我である腰痛について

ゴルフをする上で、腰はゴルフスイングの中でパワーを生み出す大事な部分ですが、そのために損傷を起こすことも多くなります。

腰痛にも種類があり、一つはゴルフスイングの途中で急激な痛みを伴うことがあります。それはギックリ腰で、無理な力が急激に筋肉や、腰椎と腰椎をつないでいる靭帯に伝わり断裂することで起こります。予防のためなら、普段から腹筋や背筋を鍛えたり、ラウンド前には十分なストレッチが大事です。

腰痛は、運動不足によって筋肉の機能低下から発症しますが、ゴルフプレイヤーの場合は練習のし過ぎから疲労による筋力の低下を起こし、肩の柔軟性が失われて発症することがあります。ゴルフを好む年配の人は特に注意が必要ですが、腰痛は年齢関係なく起こりうるので、注意が必要です。ゴルフを長く続けるためにも、故障は禁物です。

故障をしにくい身体を保つためには、普段からコースに出る前や日々の生活でストレッチやトレーニングを心がけましょう。