ゴルフのマナーで遠い人から打つ事について

ゴルフをする上で、ゴルフはプレーヤーを正しいルールやマナーへ導く審判が存在しないので、プレーヤーがルールやマナーを守ることでプレーが成立するスポーツです。

ゴルフのマナーで、ホールに遠いプレーヤーから順番に打っていくというマナーがあります。進行の上でも合理的なマナーであり、ボールの前方に他のプレーヤーが進み過ぎてしまうのを防ぐというような安全面でも必要なマナーと言えます。ですが、ゴルフには時に臨機応変な判断も求められます。プレーを円滑に進めるためには、こういった判断も自分で行う必要があるのをゴルフでは忘れてはいけないポイントです。注意点としては、自分は打つ順番もきちんと守るマナーの良いプレーヤーだと思っているかもしれませんが、自分のパーティーの進行状態を気遣うことのできないマナーの悪いプレーヤーになってしまっている可能性も多いです。

ゴルフの一番のマナーはプレーヤー全員がお互いに気を配り、楽しくプレーするという事です。