ゴルフで使われるティーの歴史について

ゴルフのコースで利用することが多いティーインググラウンドでティーショットを打つ際にボールを乗せるティー・ペッグですが一般的にはティーと呼ばれています。

今ではカラフルで様々な色のティーがあり、素材も木製、プラスチック製やはては土にかえるティーなどなど、形状も特徴的な物が数多くあります。ティーペッグですが、器具としては1889年にイギリスで台状の物が発明されました。

そして1925年にアメリカで今の一般的な形の木製のティーが誕生しました。もともとティーとは一握りの砂という意味があり、ティー・ショットももともとはティーイング・グラウンドに砂を盛り上げてその上にボールを置いて打っていたのです。

イギリス出身の女子プロきっての飛ばし屋と呼ばれたローラ・デイビスをご存知の方は彼女がティーを使わずに土を盛り上げてティー・ショットを打つ光景を思い描くとなんとなく過去のゴルファーの姿と重なり歴史を感じることができます。