ゴルフは自分との戦い

ゴルフのプレイと言うのは1人でも出来ない事はないけれど、普通の場合は概ねが気のあった仲間とか、会社での付き合い、其れにお客さんの招待ゴルフとか、同じコースを回るにも数人がグルームになって、グループ仲間との連携プレーで行うものです。 

こうしたグループになって仲間と和気藹々のうちにコミニケーションを行いながらプレイするのがゴルフであり、その間にいろんな人間関係中で精神力や判断力が鍛えられるとも言われています。 この事はそのまま日々の生活や仕事においても活用され、応用する事もできるものです。

会社の組織の中で仕事をする場合も、例えばピンチに遭遇したときなどは冷静に対処して自分なりのパフォーマンスで仕事の効率を上げたり、まして、お客さんとの接待ゴルフのときなどは、多いにコミュニケーションを発揮して新しいビジネスチャンスが生まれる可能性もあるかもしれないのです。

そんな状態も可能なゴルフですが、実際のプレイは相手との競争意識というのは他のスポーツよりは低く、強いて競争と言うならば過去の自分との戦いに主眼が置かれるのもゴルフの特徴でしょう。 其の事はゴルフは自分だけの孤独な闘いとも言われるとおりで、少しでも過去の自分より上達を感じた場合は、その達成感こそがゴルフの面白いところでありに楽しみの一つともなりうるのです。