初心者が悩みがちなゴルフのマナーや服装について

ゴルフは何かにつけてエチケットやマナーが重要視されるのがゴルフなので、人によっては少々堅苦しく面倒に感じてしまうかもしれません。

でも見方を変えると、マナーさえ心得てこなすことができれば、何とかなるのもゴルフといえます。ゴルフのルールブックを開いてみると、第1章はマナーの項目で、ルールは第2章以降に記述されています。ルールの前にマナーありき、というのがゴルフなのです。技術と同じように、マナーも経験の数だけ地道に向上するものなので、気張る必要はまったくありません。

コースを回る1日中、みんなが気持ちよくプレーするための気遣いや心配りを、当たり前にするだけと気楽に考えましょう。日常生活でも当然のことですが、遅刻は厳禁です。4人1組でラウンドするゴルフでは、遅刻をすると同伴者はもちろん、後続の組やゴルフ場にも迷惑をかけてしまうことになります。

コースデビュー前の悩み事といえば、飛距離の次に服装に関することが多いかもしれません。基本の考え方として、品格と清潔感のあるものが、ゴルフファッションとしてふさわしいといえます。