ゴルフのショートパットが入らない理由

ゴルフのスコアーメイクにとって、最も重要な要素となるのがパッティングと言われています。

ショットの調子が悪くとも、パッティングが良ければ、案外良いスコアーが出ることもあります。パット数は、2回で納めることが基準目標となります。グリーン状況グリーンの傾斜やライなどによっては、3回で致し方なしというケースもありますが、基本は2回であり、3回打つとミスをしたという感覚となるものです。

ショートパットが苦手と感じている人は、構えたときから入らないという思いが頭を過りやすく、実際に悪しき結果に繋がりやすいものです。メンタルが結果に直結しやすいのが、短い距離のパッティングと言うことです。ショートパットが苦手な人は、カップへの意識が強くなりすぎるからか、視線がカップに行きやすく、肩のラインが開くとともに、ボール位置を右足寄り体の内側寄りに構えてしまいやすいように感じています。

その結果、弱い球足となりやすいです。