ゴルフ場での服装マナーを知る ~ラウンド中~

クラブハウス内も含めた行き帰りの際の服装マナーとラウンド中とでは、基本線は同じでも少し違いもあるようです。

ロッカールームで動きやすい服装へ着替えてのラウンド中の服装マナー。クラブハウス内との違いも含めて、どの様なものか見てみたいと思います。

~ラウンド中の服装マナーは?~

体を動かしやすい様に、ラウンド前にロッカールームで着替えを行いますが、動きやすいのとラフ過ぎる服装とは違うと言うことを、ゴルフ場では分けて考えなければなりません。

・シャツは襟付きのポロシャツやスポーツシャツを着用し、裾は必ずパンツの中に入れます。ラウンド中もTシャツやタンクトップはNGです。

・スラックスやチノパンを履き、ベルトをするのがマナーです。ジーンズやジャージなどは動きやすくてもNGです。
また夏季などには短パンでのプレーもOKですが、その場合には必ずソックスを履かなければなりません。
以前はハイソックスがベターとの意見もありましたが、くるぶしが隠れる長さのソックスであればOKです。

・昔ゴルフを楽しまれていて、最近またラウンドに出ようと考えられている方に要注意なのがゴルフシューズです。
以前はスチール製の鋲が付いたスパイクがありましたが、現在は禁止しているゴルフ場が殆どです。
シューズは、ソフトスパイクや疲れにくいスパイクレスシューズを用意しましょう。

・ラウンド中に気をつけたいのが、汗拭きタオルの扱いです。
手で持って歩くのは構いませんが、首に掛けて歩いたりプレーする姿は決してスマートではなくマナー違反です。

ラウンド中の服装マナーについて、基本的なものをご紹介しましたが、一般的に考えて紳士的な印象を与えるか否かなど常識的に思えるものばかりではないでしょうか。

ゴルフ場でのマナーも特別変わったものではなく、お互いが気持ち良く接する為に必要なものなのです。

またゴルフ場によっては、服装マナーをより緩和している所もあったりその逆もあります。

不安を抱きながらゴルフ場へ向かうよりも、事前に問い合わせしてしまった方が、余計な緊張をすることなく楽しめるのではないかと思います。