ゴルフのアイアンで安定したショットを打つコツについて

ゴルフで最も握る機会が多いのがアイアンになります。

それだけにいかにアイアンを安定してショットで来るかどうかはスコアメイクを大きく左右します。

ちょっとしたポイントですが心がけたいことを記載していきます。

まずは構えた時にロフトは目標方向に平行かどうか、これが最初のポイントです。

ボールを置く位置はライによっても変わってきますが基本は中央という認識をもちます。

ロングアイアンを利用する場合は右利きの場合、多少左側によせましょう。

そして、ここからは練習になりますが、アイアンは力を入れないことが大事です。手首を動かしたり、肘を無理に使おうとしないこと。

インパクトの瞬間にはまずアドレスをとった形でアイアンのヘッドを振り下ろしてくることで自然にボールがまっすぐ飛んでいくというイメージです。

あくまでもクラブに仕事をさせるために動作をする、これをわすれないようにしましょう。

きっと、アイアンが安定してくるはずです。