冬場のゴルフで気をつけること

冬場のゴルフでは他の季節と違ってスコアメイクのために気をつけるべきことがいくつかあります。

具体的にそのポイントを上げてみたいと思います。

まずは冬場はドライバーもアイアンも他の季節に比べると飛距離が落ちると言う事です。

実際にラウンドするときには場合によっては番手を1つあげてプレイすることが賢明な場合もあります。

次にグリーンでの注意事項です。

朝早いプレーではグリーンが凍っていることがありますので状況に応じて直接グリーンを狙うのではなく、手前から攻めることを心がけましょう。

またそのグリーンの変化も陽射しによって変わってきますので注意深くチェックすることが必要です。

次にバンカーショットです。

こちらも砂が凍っていたり足場が硬くなっていることがありますのでボールの手前を家に置くのではなく通常のアプローチと同じように直接ボールを撃ち抜くことも考慮すべきだと思います。

後は風がきつい日が多いので、フォローやアゲインストによっては番手を1つどころか2つ変えて打つ位の計算をしていけば良いと思います。