ゴルフを行なう上でのゴルフエルボーについて

ゴルフは、老若男女に愛されていて、他のスポーツと比べ激しい動きが少ないので、怪我をする程度が少ないと言われます。

幅広い年齢層がプレーし、技術や体力に差があっても楽しめます。しかし、誤った練習法、過度な負荷をかけることで故障することもあります。特に初心者に多いと言われるのが肘の怪我です。ゴルフスイングのインパクトで地面を叩いたりすると肘を痛めます。上手くなりたい一心で過度な打ち込み練習をしても、肘に負担がかかります。

上腕骨内上顆と呼ばれる肘の内側にある筋肉は、指や手の関節を曲げる役割を果たします。この筋肉に負担がかかると炎症を起こしてしまい、ゴルフエルボーと呼ばれています。ゴルフエルボーの特徴としてアマチュアゴルファーが多く経験する症状です。対策としては、ゴルフ場などで入浴して温めてからストレッチをするのが効果的です。ストレッチでは息を止めないで行う事が肝要です。

ゴルフを行なう前にもストレッチで身体を良く伸ばしておく事が肝要です。