ゴルフのドロップについて

ゴルフのコースをプレイ中に池ポチャなどのアンプレアブルを宣言した時に、障害物がスイングの障害になる場合にそのままプレイする事が出来なくなった時に使用するドロップはゴルフをする上で正しい方法を身につける事が大事です。

規則により、ボールを拾い上げたり、新しいボールを使用したりとその場の状況によって異なりますが、注意点としては、プレーを中断した状態からドロップしてボールが手から離れた瞬間にインプレ―となる事です。ルールとしては、ドロップは本人自身が行う事や球を肩の高さに持ち腕を伸ばしたままドロップしなくてはいけません。ドロップをする場合に自分の予想とは異なる場所に落ちてしまう事もあります。ボールが転がり、止まった地点が規定の範囲内であればプレーを続けなくてはいけなくなってしまいます。

ドロップでも精度によってはスコアに大きく影響するので、ルールを守りドロップの練習をして落下地点の精度を上げる努力は必要です。