ゴルフラウンド中の帽子着用について

ゴルフにはドレスコードやマナーが重んじられることが知られています。

個人的にはきちんと守っているつもりですが一つだけどうしても守れていないことがありました。それがラウンド中の帽子の着用です。それには理由があります。もちろん、その帽子ももてはいるのですがラウンド中、構えた時、そしてスイングする際に防止のつばが気になって仕方ないのです。それはキャップでもサンバイザーでも同じこと、どうしても視界に入ってしまうことがいやでいやで。

しかしながら、ゴルフ場でこうしたプレイヤー側の事情よりもきちんとしたマナーを重んじるところもおおいわけです。そこで私の場合、同伴者からはおやっとおもわれますが、ホールとホールの移動中なども含め、基本的には帽子を着用し、実際のスイングの時だけは帽子を脱ぐという変則的な運用をしています。これならば、マナー上大きな指摘をされるようなこともありません。

もともとの打球が飛んできたときの安全という面では片手落ちになりますが。