ゴルフはマナーが大事!嫌われないゴルファーになるための3つの条件

ゴルフは、生涯スポーツと言われています。
私の知り合いでは92歳の人が元気にゴルフをしています。
でも、いくらゴルフをしたくても一緒にラウンドしてくれるゴルフ仲間がいなければ、ゴルフはできません。
今回は、嫌われないゴルファーになるためにしてはいけない3つのことを紹介します。

1.スロープレイは厳禁!

一緒に回りたくないなと思う人に共通する一番の理由が、スロープレイです。
これは、マナー違反ですね。
ゆっくり時間をかけたい気持ちはわからないでもないですが、一人だけ長い時間をかけていると、確実に嫌われます。

2.イライラを態度に出すのは厳禁!

ゴルフは上手くいかないスポーツです。
せっかく練習してきたのに、信じられないミスショットが本番ではでるものです。
だからと言って、クラブを投げつけたり、急に不機嫌にならないようにしましょう。
一緒に回っている人は確実に不愉快になります。
逆に、下手くそでもイライラせずに楽しく回る人は好かれます。

3.最低限のマナーは守ること

ゴルフは紳士のスポーツです。
細かいマナーがたくさんあります。
例えば、グリーン上で人のラインを踏まない、人が打つ時は静かにするなど・・
自分では気にならないことも相手は気になることもあります。
最低限のマナーは勉強して身につけるようにしましょう。

とりあえず、この3つを守ることができれば、少なくとも嫌われることはないでしょう。
「アイツとは、ラウンドしたくない。」と言われないために最低限のマナーは守るようにしましょう。