ゴルフはパッティング練習が上達の近道!

ページランク表示

ゴルフに限らず全てのスポーツに言えることですが、良いパフォーマンスには練習が欠かせません。

そんな事は言われなくても分かっているとの声が聞こえてきそうですが、そう言うアマチュア・ゴルファーの皆さんはどのようにパッティングの練習をしていますか? 

パッティングはスコアメイクの要と言っても過言ではありませんが、その練習量はアイアンやドライバーに比べて極端に少ない方が多いようです。

何故ならば、ドライバーなどは近くの練習場で(お金さえ出せば)簡単に練習できますが、芝の上でパッティング練習が出来る練習場はとても少ないのが実態だからです。

家の中でパッティングマットを使って練習している方も多いとは思いますが、やはり芝のグリーンでの練習とはその成果が違います。

そこで、是非お勧めしたいのが、ラウンドする日のゴルフ場にはスタートの1時間以上前に行き、そこの練習グリーンでたっぷり(無料で)練習する事です。

早起きは3パットの得、是非試して下さい。

パッティングの調子が悪いとスコアはボロボロになります。

調子が悪い時というのは、グリップもアドレスも何もかもしっくりきません。

カップに入るイメージがわかなくなってしまいます。

パッティングのフォームもどうすればいいのか考えれば考えるほどわからなくなってしまいます。

そんな時は原点に帰りましょう。

ゴルフをしている人なら、必ず知っているパターの名器と言えば、「ピン・アンサー」です。最初に発売されたのは何と1966年です。

そのころにはすでにあのピン型が出来上がっていたのです。

さすがにそこまで古いモデルはコレクター用に高額で取引されていますが、現在でも中古のアンサーは格安で手に入れることができます。

ぜひ一本購入してみてはいかがでしょうか。

ゴルフの歴史とともにあると言えるような名器を一度試してみましょう。原点に帰ることによってパッティングの悩みが解決されるかもしれません。

まさに「アンサー」、答えが見つかるかもしれません。

Google家計見直しクラブGetMoneyページランク工務店向け集客ノウハウ生命保険の口コミ.COM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です